My Photo
February 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

movie

無料ブログはココログ

« 重すぎて | Main | 都会の中の緑 »

May 26, 2009

体育祭とna感激の神宮球場

体育祭、無事に終わりました。

小学生とは違って、力に満ちて、大人の出番の少ない(生徒が中心、親も小学校より一歩引いた感じの)体育祭でした。

Img_3727

最初と最後はsioが吹奏楽初めての大舞台で頑張っていました!

家での「ピーピー」がうそのようにちゃんと音が合っていてホッとしました!

親はこれ以上近づけなくて、遠くからの1枚camera

Img_3731

100M走でsioとnagが闘ったり

Img_3743

障害物競争で、練習ではすいすいだったnaが、このあとハードルで転び、

Img_3748

最後の袋の中に入ってゴールという時点で、袋がなかなか開かずにかなり時間をロスし、後からきた走者に抜かれてしまいましたが、最後までパニックにならず頑張っていました! (普段のnaなら泣きそう!とこっちが勝手に心配!ちゃんと育っているのだな~と感心しました。)

Img_3792

その後、クラス対抗選抜のリレーでもnaとsioは役目を果たしてやり遂げましたdog

Img_3762

なかなかおもしろかったのは、↑いかだレースという、1人がみんなの背中に乗って、下になる子たちはくるくると回って進んでいく競争です!

3年生は女の子が棒引き、男の子は棒倒しで、若さが溢れていました!!

中学生の体育祭を終えてぐったりと帰ってきた3人ですが、

翌日(日曜日)はnagはテニスの試合の応援、sioはお友達と3時間プールで泳ぐなど、まだまだ元気ですflair

夜はna感激の神宮球場

20090524170920

ヤクルトvsソフトバンク

naの希望でソフトバンク側 外野自由席に座りました(朝日新聞さんチケットありがとうございました!)プロの選手に見とれるnaとnag (sioはおうちでTさんとお留守番)

20090524175806_2 始球式は国鉄時代の大エース、金田正一さんでした!

ソフトバンクが快勝して、帰りは雨の中だったけど気持ちは♪良かったね!

« 重すぎて | Main | 都会の中の緑 »

Comments

プロ野球が身近で見れるのは都会の大特典だねshine

俺も中3のとき棒倒しをしたんやけど、
その時俺が敵陣のてっぺんの旗取ったsign01 自慢やcatface

あ、高校2年の体育祭のリレーでアンカーやって一等とったscissors 
憶えてないやろbleah

いかだレースってはじめて聞いたよ。おもしろそうだね。次の日も活発に動けるなんて若い証拠だね。羨ましい~!cat

体育祭、色んな競技があるんですね。いかだレースも初めて聞いたし、棒倒しや棒引きもやったことないです。
交流戦見に行かれたんですねsign03関西を離れて残念なのが野球がなかなか見れないこと!私も野球大好きですshinenaちゃんは誰のファンなのかな!?

YABOOくん***

これからは子供たちと野球を見に行くのがとても楽しみ!ドームのチケットも取ってみたdogでも高いね・・

運動会のヒーローだったんだね!!私は運動会は嫌いだったからよい思い出も記憶もないわwobbly生まれ変わったらスポーツ出来る人になりたいな。

み ちゃん***

最近自分が衰えてきたから、3人の若さが眩しいわ~sweat01

今の自分には走れと言われても100メートルも無理だよ!!

うめぴょん***

ところ変われば、競技も違うよね!私の小さいころは女の子は騎馬戦で盛り上がったかな?

naは一番は巨人だけど、私とは違って幅広く野球が好きだよ!また来月神宮でヤクルトー西武を観に行くよbaseball選手で一番好きな中島が出るから今からわくわくしてるよ!

Post a comment

(Not displayed with comment.)

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/61864/45137354

Listed below are links to weblogs that reference 体育祭とna感激の神宮球場:

» 暑い!熱い!体育祭 [AYA'S JOURNAL]
中学進学に伴い、この春 長野から東京に戻ってきた三つ子たち。初めての体育祭と聞き [Read More]

« 重すぎて | Main | 都会の中の緑 »