My Photo
August 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

movie

無料ブログはココログ

« 真剣に机に向かう母娘 | Main | 12歳になった3人と、2月前半を振り返って »

January 24, 2009

本物に触れるということ

今日は土曜日でしたが、参観でした。

全クラスそれぞれがテーマを持ってゲームや劇、朗読や点字の体験など、様々な催しを開いてお互いに交流しあう(親も参加型)半日でしたbud

6年は学年で「動物と共に生きる美術館」というテーマで本物に触れることのすごさを体感することができました!

5年生のときに1年かけてみんなで読んだ「冒険者たち」(斉藤 惇夫作)去年は作者の斉藤さんが参観日に学校に来てくれるというサプライズがあったのですが、今年は

この本の原画を描かれた動物画家の薮内正幸さんの本物の絵で手作りの美術館を開きました。

Ssimg_2959

山梨県にある「薮内正幸美術館」から、原画を運んでいただいて、館長さんで薮内さんの息子さんの竜太さんが薮内さんについて、お話をしてくださいましたpencil

薮内さんは一度も絵を習ったことがなかったこと・動物を動物園で一日中観察して、その動きを自分でも真似て動物になりきっていたこと・そして勉強もしないでひたすら絵を描く薮内さんを見守っていた家族のこと・・・なかなかできませんよね!

Ssimg_2961

薮内さんの描く動物は骨の動きまで正確だということです。

Ssimg_2962

そしておなじみガンバたち↑ 

動物にまず愛があって・・その気持ちがあるからこそ、このような心を打つ絵を描くことができるのだと思いました。

Ssimg_2963

薮内さんに関連した本もいろいろ置いてありました!知らないところで結構見ている本があるものですね!

長野は4年のときにクラス替えがあるだけなので、3年間通して同じメンバーです。クラス替えがあるのもないのも長所短所がありますが、去年からの引き続きのテーマで、読んだお話を書いた人に会え、さらに絵を描いた方の絵に触れ話を聴け・・というふうに自然に流れていくのもいいものかも・・と思いながら(3年住めばそれが普通に思えてきます!)参観してきました。

山梨のミュージアムは3月20日まで冬季休業とのことです!

ガンバは3人も読んでいて、Tさんも知っているのでわたしもちゃんとガンバを読んで、素敵な森の美術館に胸を張っていつか行きたいと思いました!

« 真剣に机に向かう母娘 | Main | 12歳になった3人と、2月前半を振り返って »

Comments

おおお!
これはまた良いチャンスに恵まれたね。
きっと人生の中で大切な作品となったことでしょうね。
教育っていろいろな形があるなぁって考えさせられるね。

すごい!!貴重な体験ですね。
写真を見ていると、どうぶつのおやこ、とかも書かれてたんですね。絵を習ったことがなかったっていうのがびっくり。それに、ずっと絵を描いていた子どもを見守るご両親っていうのがさらにびっくりです。でも、そういう時間があって、こんな素敵な絵が描けるんですよね。私も美術館に行ってみたいなと思いましたshine

きれいに印刷された絵本とは又違って
‘原画‘が見られるっていうのはいいね~(^^)
羨ましい!!
私も美術館も行ってみたいな
薮内正幸さんの絵 意外と目にしているわ

あや***

まさに百聞は一見に如かずという感じdog本物を見ているだけで体のあらゆる感覚が研ぎ澄まされていく感じだったよconfident

これが本当に「学ぶ」ということなんだね!

うめぴょん***

広辞苑の動物の絵も描いていたと昨日聞いてまたびっくりflair
好きなことにまっしぐらになれる環境って大事なんだね!
日頃子ども達に時間割のような生活を強いている自分を反省だよbearing
やっぱり何でもいいから好きなことに出会って欲しいな!
美術館のすぐそばにはワイナリーもあるみたいよwine機会があったら行って見てねshine

nao***

子ども達、みんな本物を目の前にしてキラキラした顔で原画を見ていたよ!

本当は学年でこの美術館に見学に行きたいと計画していたのだけど、冬はお休みで行くことができず、今回こんな夢みたいなお話がまとまったんだshine
教室内には絵を参考にしながら自分で描いてみるコーナーもあったよdog
絵もさらさらと描けるようになりたいよね・・・

Post a comment

(Not displayed with comment.)

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/61864/43846271

Listed below are links to weblogs that reference 本物に触れるということ:

« 真剣に机に向かう母娘 | Main | 12歳になった3人と、2月前半を振り返って »